少年野球の監督就任 妻が反対

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]少年野球の監督になると決まったら妻に離婚を切り出されました。

 小学6年の息子が所属する少年野球チームの監督が退任することに。快く引き受ける人などなかなかいません。コーチをしていた私は「あと1年、いっちょやってやろう! 最高の思い出を作ろう!」と腹をくくりました。ですが、妻は猛反対で「だったら離婚!」と。自分の意に反したことを私がやろうとすると、このパターンでうんざりです。家事は進んで手伝い、浪費もしていません。今回の決断はおかしいのでしょうか?(サボテン)

※トピは⇒こちら

[レス]駄々をこねてるだけ/妻の負担も考えて/子供のために頑張って

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆結構居ますね。貴男あなたの奥様タイプって

 わが子が他人のお世話になることには鈍感で、その役割が自分に降りかかってきそうになると、騒ぎ立てて駄々をこねる人。頑張っているわが子の心など無視してしまう。少し違うけど、PTAの役員決めにも似たようなものを感じますね。(P子)

◆離婚でいいのでは?

 「じゃあ離婚しよう」と一度言ってみればいいと思いますよ。奥様は離婚を口にすれば何でも自分の思い通りになると思っているのですよね。自分も今の生活は限界で、好きなこともできない、子どものために何もしてやれない。この生活を送っていくことはできないから離婚しよう、と。後は奥様がどう判断するかです。(花かご)

◆スポ少

 夫がスポーツ少年団の野球監督を3年しました。それは大変でしたよ。他の競技の監督の奥様に聞くと、離婚にまで発展するけんかをする人もいます。家族の時間はなく、保護者のいざこざや子どものトラブルで年中奔走することに。かなりの覚悟が必要だと思います。(ひなりん)

◆気配りがたいへんなんじゃないかな……

 例えば選挙で、夫が立候補するとなったら妻は協力しなきゃいけませんよね。「立候補者の妻」という職業を押しつけられるようなものです。奥様は当然「監督の奥様」と見られますから、いろんな気働きをしなきゃいけないように思えるのですが。こういう気配りって、苦手な人は本当にできないので苦行なんですよ。(通りスガラー)

◆野球はチームワークが大切ですね

 日頃から奥様に相談なしで、物事を決定していませんか? 引き受ける前に話をすると奥様の反対にあうと予想して、相談を省いたのではないですか? 家族のチームワークを大切にしない方に、野球が指導できるのか疑問です。(たまご好き)

◆原因はそれだけではないような

 監督になると言っただけで「離婚」となったわけではないかもしれませんよ。事前に相談をされていましたか? 前から嫌だと言っていたのに勝手に決められたら、奥様もいい気はしないのでは……。(匿名)

◆身につまされます

 私も少年団の監督をやっています。多分、ほとんどの人は好きでやっているわけではない。誰かがやると言わないと、少年団は運営できないんです。でも、子どもが笑顔で野球できるのは素晴らしいじゃないですか。(金色夜叉)

◆引き受けてくださるなんて!

 成人したうちの子たちもお世話になり、感謝しかありません。私も父母会の会長として監督の負荷を最低限にすべく協力しましたが、夫にはしわ寄せがいきました。奥様が抵抗する気持ちもわかりますが、うまく説得できないでしょうか。野球少年と過ごした1年間はキラキラと輝く、今も忘れられない思い出です。(おばさんマネージャー)

◆応援したい

 私の父も少年野球の監督でした。仕事もしながら監督をした父を今でも誇らしく思い、本当に感謝しています。母も試合のサポートをしてくれました。奥様が嫌がるのもわかりますが、息子さんを思うトピ主さんの気持ちを応援したいです。(ぴぃまん)

家庭でも役目果たして

 NPO法人子育て学協会会長の山本直美さんの話 「トピ主さんは『自分のやりたいことを否定された』と受けとめているようですが、なぜ妻が離婚まで持ち出して反対するのか、その本音や背景を考えることが必要です。家庭外で大きな役目を引き受けたら、家庭での妻の負担が増えることを考えない男性は多いですね。まずは夫婦でじっくり話し合い、例えば家事分担を増やすなど、家庭で自分のできることを提案し、実行することをお勧めします。そうすればきっと、妻も応援してくれるのではないでしょうか」

無断転載・複製を禁じます
1624596 0 ピックアップ 2020/11/19 05:20:00 2020/11/19 05:20:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201113-OYT8I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ