読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

結婚予定の彼女「看護学校行く」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]結婚予定の彼女が看護学校に行くと言い出しました

 35歳の男性です。5年付き合う27歳の彼女と今年、結婚の予定です。ところが彼女が突然、看護学校に合格したから入学すると言い出しました。小さい頃から看護師になりたかったそうですが、実家が経済的に苦しくて学校に行かせてもらえず、自分で貯金していたようです。受験の相談はありませんでした。子どもを早く欲しいのですが、結婚のタイミングなど、話は平行線のまま。彼女を支えるのが良い彼氏で夫なのでしょうか? (すずき)

※トピは⇒こちら

[レス]夢を応援して/なぜ事後報告?/家計にもプラス

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆彼女の人生を邪魔しないで

 やりたい職業に向けてコツコツ勉強し、諦めずにお金をためて、やっとチャンスが巡ってきた。なぜそれを理解できないのでしょうか。本当に好きなら彼女の人生を邪魔しないで、できる限りサポートしてあげて。自分を尊重してくれないパートナーは嫌ですね。(ポイ子)

◆私も同じことしたことある

 相手は彼氏ではなく、ペアで仕事をしていた上司ですが、大学院の合格を事後報告しました。そう行動した理由はただ一つ。なんだかんだで反対されるから。自分の人生、このままでは上司と会社に食いつぶされてしまうと思いました。確かに報告がない彼女さんはおかしいですが、事後報告には理由があるのではないですか。(かなや)

◆応援してほしいな

 私も結婚して看護学校に通い始め、今、看護師も母親もやっています。結婚で安定した環境になって、やりたいことに挑戦したいという気になったんです。看護師になってすぐ、30歳でお母さんになって、子どもが2歳で復職しました。夫には本当に感謝しています。あの時反対され、今何者にもなれていなかったらと思うと、夫と結婚した自分をほめたいです。(へちま)

◆「別れる」の一択しかない

 結婚予定なのに、トピ主に相談なく看護学校を受験し、進学するような女性を信頼できる? 生涯を共にできる? 私は無理です。結婚前に、彼女の本性が分かったのは幸いです。別のご縁を探しましょう。(コメディカル)

◆もっといい人がいますよ

 あなたの結婚の目的は子どもを持つことが中心のようですから、キャリアを大事にして子作りをないがしろにする彼女は合わないと思いますよ? 5年も付き合って人生設計の話とかはしなかったんでしょうか。(おばさん4号)

◆ずる賢い彼女

 学費がたまったからとはいえ、学校に通っている間の生活費は? トピ主さんと結婚して、生活の心配がなくなったと計算してるんではないですか。言ったら反対されるから事後報告で。彼女、相当計算高いというか、ずる賢いですよ。(あん)

◆問題ないのでは?

 彼女は若いので、お子さんは看護師になった後で良いのでは? 看護学生は精神的にも肉体的にもハードなので、トピ主さんにかなり家事の負担があると思いますが、今のうちに彼女を支えないと逃げられますよ~。(あや)

◆あなたが育児をしたら?

 すぐに子どもを望まなければ結婚できますよね。また、早めに子どもを産んでもらうなら、あなたがメインで育児をして、彼女をサポートすればいいのでは。子どもを産んで育児をするのは女性の役割、と結局は考えていますよね。(ハム)

◆子育てはお金がかかります

 今の世の中、いつ仕事がなくなるのか分かりません。奥様が看護師であれば就労の融通が利く上に、収入も良いです。自分の夢だけでなく、万一あなたに何かあっても子どもの教育費を支えられる、ということも考えていると思いますよ。(クロタロの母)

◆人生の色々な問題を乗り越えながら、ずっと一緒に生きていこう!

 一番問題なのは、トピ主さんに「もっと相手に興味を持って、色々話を聞き出す」ことが足りないことなんじゃないかな? 自分の恋人ともっと向き合って、とことん話し合う。「人生の色々な問題を一緒に乗り越えながら、生きていこう」という姿勢を見せようよ。それが結婚するってことだよ。(kitten)

両立しやすい働き方も

 看護師の働き方を支援するNPO法人「看護職キャリアサポート」代表の浜田安岐子さんの話 「看護師は、病気で心身の弱った患者に寄り添うなど大きな意義がある仕事です。なぜ看護師になりたかったのか、どんな看護師になりたいのかなど、彼女にキャリアプランを聞いてみてはどうでしょうか。彼女の決意を聞くと、2人の将来についての考えも変化するかもしれません。家庭との両立で悩む人が多い業界ですが、働き方改革も進み、週3日勤務や午前中のみ勤務など、多様な働き方を応援する機運もありますよ」

無断転載・複製を禁じます
1936362 0 ピックアップ 2021/04/01 05:20:00 2021/04/01 05:20:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210325-OYT8I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)