読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

終活も自分が主人公…香山リカ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人生という劇場の幕の下ろし方について考える「終活」という言葉もすっかり定着した感がある。かつては「縁起でもない」と言われたが、今では明るく「そろそろ終活しなくちゃね」と語る人も少なくない。

 しかし、自分が主人公になって行う終活ならともかく、家族から「晩年はこうしてね」と指示されて良い気分はしないだろう。「将来は老人ホームに入ってね」と言った息子が最近、結婚式の費用を全額出すよう求めてきたと嘆く50代女性のトピがあった。

 金銭の問題より、早々に「ホームへ」と言われたことで傷ついたようだ。レスは身勝手な息子を批判するものが多かったが、「老後の備えに励んで」「ご夫婦でこれからの生活を楽しんで」などの前向きな助言もあった。

 そう、まさに「終わり良ければすべて良し」。自分の老後を勝手に決められたくはないが、「選択肢のひとつを示された」と考える手もある。人生の主人公の座を手放さなければ選択の幅はグッと広がる。「あなたがホームに入れと言ったからではなく、選んだのは私」と――。もちろん、「ホームはイヤ」なら、はっきりそう言えばいい。

 かつては「老いては子に従え」などと言われ、ある年齢になったら人生の主導権を子ども世代に明け渡すべきだ、とされた。しかし、今はそんな時代ではない。「自分の人生は自分のもの」という原則を守れば良いと思う。ただし、いつまでも年長者が威張り続けるのは論外だ。

 ホームに入るも良し、入らずに生活を続けるも良し。終活に満点はないが、不合格点もない。人生の終盤戦を自分で考え、自分で決められるって、とてもステキなことではないだろうか。

香山リカ(かやま・りか)
 精神科医、立教大教授。1960年、北海道生まれ。豊富な臨床経験を生かし、新聞やラジオ、テレビなど様々なメディアで、現代人の心の問題について発言している。
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2056852 0 ピックアップ 2021/05/17 05:20:00 2021/05/17 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210514-OYT8I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)