読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

耳の裏、何で洗う?

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 発言小町で「耳の裏、何で洗っていますか?」と問いかけたトピ主の「こま」さん。自身はボディーソープで洗うことが多いそうですが、うっかりすると洗い忘れてしまうといい、他の人はどうしているのか、「素朴な疑問」として投稿したそうです。

 ツイッターで尋ねたところ、一番多かったのがトピ主さんと同じ「ボディーソープ・せっけん」(47%)で、「洗顔フォーム」(20%)が続き、「シャンプー」と「洗わない」は同率の17%でした。

 発言小町でも、「ボディーソープ・せっけん派」が最も多く、「首を洗う延長で、耳の後ろを洗います」(「hahaha」さん)、「わざわざゴシゴシって感じではなく、身体のついでにさっとなでる程度」(「どんちゃん」さん)といった声が目立ちました。

 「顔洗ってそのまま耳の後ろとデコルテまで洗顔フォーム、そのあと、体を洗うときに耳の後ろと首の後ろ側はボディーソープで洗っているから2度洗いになっている」(「みちる」さん)というように、2度洗い、3度洗いをしている人は、複数投票になってしまいそうです。

 「ここ(耳の裏)は結構汚れがちで、ほっとくと加齢臭の発生源になるんですよね」というのは「ポン」さん。「皮脂汚れ=臭いの発生源」と考えて、耳の裏をしっかり洗うという人は多いようです。「子どもが生まれてしばらくたった頃に耳の裏を洗い忘れていたら、ビックリするほどの皮脂汚れがたまっていました」という体験を明かしてくれたのは「匿名」さん。以来、入浴時にはシャンプーとボディーソープの両方で洗っているそうです。「きち」さんは、まず髪と一緒に石鹸(せっけん)で洗い、次に顔と一緒に洗顔料で、最後は首と一緒に再び石鹸で洗うという念の入れよう。「47歳、加齢臭を落とそうと(耳の裏洗いを)頑張っていますが、洗いすぎとの境界線がわかりません」

 一方で、「言われてみれば耳の裏を洗おうと意識して洗ったことありません」とコメントしたのは「ももこ」さん。「髪洗っていれば自然とシャンプーの泡が耳の後ろをかすめるだろうし、それを洗い流すために頭から首全体にお湯をかけるし」といい、わざわざ洗う必要がないとの考えです。「洗っていない」と答えた人のなかには、こういう人も含まれるのかもしれません。

 耳の裏は、ふだんは人の目に触れることがあまりなく、自分でも意識しない場所だからこそ、他の人がどうしているのか気になるのかもしれませんね。

 「耳の裏どうしてますか?」(トピ主:「こま」さん)のURLはこちら

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
52247 0 小町VOTE 2018/12/04 15:00:00 2018/12/04 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181204-OYT8I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)