「手ぶらで…」と言われても土産を持参する?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夫の実家を訪ねる際、義理の両親に「手ぶらでどうぞ」と言われていても、手土産を持参しますか? それとも、手ぶらで行きますか?

 夫の実家に新年のあいさつに行くことになったトピ主の「冷蔵庫」さん。先に向かった夫に手土産を持たせました。あらかじめ義理の両親には「手ぶらでどうぞ」と言われており、夫も「必要ない」と言ったのですが、トピ主さんは義理の両親のほか、義理の兄弟の分まで用意したそうです。ところが、義兄、義弟の夫婦は手ぶらで実家を訪れたらしく、夫に「今後は手土産をやめてほしい」と言われました。

 気を利かせたつもりなのに批判されたトピ主さんは、「義理の兄弟夫婦がずうずうしい。ご飯をごちそうになるのに手ぶらで行けるわけないじゃない」と夫に言ってしまい、険悪なムードに。発言小町に「どのように立ち回ればよいのでしょうか」と問いかけました。

 「手ぶらで……」と言われても土産を持って行くかどうか、ツイッターで尋ねてみたところ、「持って行く」と答えた人が7割を超えました。発言小町でも手土産を持参するという人が多く、トピ主さんを支持する声が多いようでした。

 「義実家はあなたにとって他人の家、旦那・旦那兄弟にとっては実家。ですから、他人の家に呼ばれる時に手ぶらでいけない…と思うあなたを応援しますよ。義両親さんだって、持ってこなくても何も思わなかっただろうけど、手土産持っていくことで『あぁ喜んで参加してくれてるのか』とかうれしく思ったんじゃないでしょうか」とトピ主さんにエールを送ったのは「あ。」さん。「ももりんご!」さんは、義理の両親の「手ぶらでどうぞ」の言葉は「社交辞令」だと言います。「『手ぶらでどうぞ』を真に受けて本当に手ぶらで行ったら、義両親、特に(しゅうとめ)さんに陰で“非常識な嫁”と思われたでしょうね。義兄弟さまに至っては、それぞれのお嫁さんが“やられた!”って思っただけですよ。ご主人には“とりあえず”謝っておいて、陰でガッツポーズすればよいんです(笑)」

 一方、「手土産の押し付けはだめ」(「ゆき」さん)という反対意見も。今後、「手ぶらで」と言われた場合は、「後日、何かを贈る」(「BB」さん)、「別の機会にお礼をする」(「匿名」さん)、「相手の流儀に合わせる」(「稲穂に雀」さん)といったアドバイスも寄せられました。

 義理の兄弟夫婦への対応については、批判的な意見も集まりました。「義兄弟へは要らなかった、と私は思います。やりすぎた感満載です。私が義兄弟の妻の立場なら、怒りまくります」(「サワー」さん)、「結果的に義理の兄弟に恥をかかせた。あげくに暴言を吐くなんて……」(「雪だるま」さん)といったものです。これについてはトピ主さんも「出すぎた」と反省しているようです。

 次からは、あらかじめ夫と話し合い、夫の兄弟夫婦にも相談すべきといった提案もありました。「義実家への手土産問題」は、意外と奥が深いようです。

 「手ぶらでどうぞと義実家に言われたのに手土産を持って行きました」(トピ主:「冷蔵庫」さん)のトピはこちら

無断転載禁止
1035951 0 小町VOTE 2020/02/04 15:00:00 2020/02/04 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200204-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ