本を読むのは「紙」派? それとも「電子」派?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 漫画を含め、本を読むのが大好きな30代半ばのトピ主「るるか」さん。最近は電子書籍も普及してきましたが、「私は基本的に『紙』派です」と発言小町に書き込みました。装丁を見ることや、ページをめくる時の感触などが好きで、「大好きな本を人に貸して読んでもらいたい」という思いがあるからだといい、「みなさんはどうですか」と問いかけました。

 この投稿に対し、「紙派」と「電子派」の双方から計60通近い反響が寄せられ、盛り上がりを見せています。

 目立つのは、「紙」派のトピ主さんに共感する声です。「どの辺にどんな言葉が書かれていたか?とか、この登場人物はどの辺で描かれていたか?とか、伏線を戻って読み直すにも、紙の本の方が断然良いです!」(「イオナ」さん)、「買ったばかりのページをめくるときの紙の匂い、新品の真新しい紙の美しさが好きです。ページを繰るときのドキドキ感がたまりません」(「風月花」さん)、「書庫の本棚に並べておくのが好きなので」(「津軽人」さん)といったように、好きな理由を具体的に挙げています。

 一方、「心では紙の本を愛していますが、現実は電子派です。老眼が進み、紙の本だと文字が霞んで読めなくなってきました。タブレットの方が明るくて読みやすいのです」(「むー」さん)という意見もありました。「とき」さんも「入院したときは、消灯すると紙めくりの音すらひびくので、電書がすごく役立ちました」と書き込んでおり、やむを得ない事情から電子書籍を利用するようになった人が少なくないようです。

 「電子」派になったのには、スペースの問題も大きいようです。「一人暮らしのワンルームではコミックシリーズ56巻!とかそういうのがカサ張ります。それだけなら置くことができても本は増える一方。捨てるのも売るのもしのびないし、また読みたくなる。ケータイやタブレットに入れておけば飛行機や地下鉄など圏外でもストレスなく読めます」(「るるる」さん)、「もう家じゅう本棚で、『1冊買ったら1冊捨てる』という総量規制状態になっているため、これ以上、本を増やせません。電子版優先になっています」(「ochapi」さん)。

 「最初は電子版を購入します。これは紙で所有する価値ありと思ったら紙でも買います。こうすることで、読み返す可能性がある、良質なものだけを家に置くことができます」(「タラソ」さん)と、折衷策を取る人もいました。

 ツイッター投票では、「紙」派が8割、「電子」派が2割という結果になりました。どちらを好むにせよ、読書は至福の時。時間を忘れて没頭できるといいですね。

 「本は紙派ですか?電子派ですか?」(トピ主:「るるか」さん)のトピはこちら

無断転載禁止
1145919 0 小町VOTE 2020/04/03 15:00:00 2020/04/03 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200403-OYT8I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ