早朝4時半のメールって、非常識?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ある朝、トピ主の「なつみ」さんは、メールの着信音で目が覚めました。時刻はまだ4時半。メールは知人からで、急ぎの用件ではありませんでした。早朝の連絡は急ぎでないなら控えてほしいとお願いすると、その知人は「今後気をつけます。スミマセンでした」などと返してきました。でも、その言葉には誠意が感じられず、トピ主さんは「今後おつき合いするのが嫌になりました」と、発言小町に思いを吐露しました。

 早朝の午前4時半のメールは非常識かどうか、編集部がツイッターで尋ねたところ、「気にならない」が「非常識だと思う」をわずかに上回りました。発言小町でも、「メールは何時に送っても非常識ではない」という意見が目立ちました。

 「電話なら分かりますが」とレスしたのは、「ちきちー」さん。「電話は緊急性がなければ常識の範囲内でかけますが、メールやLINEは時間を特に気にしません」とつづります。「おば」さんも「メールは時間を選ばず、いつでも送れるものだと思っています。だから送る時間を気にしたことないです」とコメントしています。

 一方で、「4時半はびっくりしますよ」との声も。「さわ」さんは、「(私も)飛び起きます。消音にしている人ばかりではありませんから」としたうえで、「私はそのようなことにならないように、メールは必ず昼間に送るか、そうでなければ常識的な時間に届くように時間設定します」と書き込みました。

 今回のような事態を防ぐためのアイデアも寄せられました。「匿名」さんは、緊急性の高い連絡先からの電話のみ呼び出し音が鳴り、メールやLINEなどの着信音は鳴らないように設定しておくといいといいます。「stella☆」さんも「メールで起こされるのが嫌なら、寝る前にナイト・モードなど着信以外の通知音が出ない設定にしておけばいいと思いますよ」とアドバイスしました。

 日常の主な連絡手段を、電話からメールやSNSに移した人は少なくありません。それに伴って、連絡の仕方にまつわる“常識”にも個人差が出ているようです。連絡相手に迷惑をかけたり、自分自身がストレスを感じたりしない方法をうまく取り入れて、快適にやりとりできるといいですね。

 「早朝4時半のメール」(トピ主:「なつみ」さん)のトピはこちら

無断転載・複製を禁じます
1486589 0 小町VOTE 2020/09/18 15:00:00 2020/09/18 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200916-OYT8I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ