読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

料理に髪の毛…店の人に言いますか?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 とあるイタリア料理店に食事に出かけたトピ主の「パープル」さん。夫婦で切り盛りするその店は、おいしいと評判で、ランチタイムは常に満席。ところがトピ主さんは、食べていたパスタに髪の毛が入っているのに気づきました。一緒にいた夫に「お店の人に言ったら?」と促されましたが、狭い店内でクレームを言ったら、他のお客にも聞こえてしまうような状況で、気さくで人の良さそうな夫婦に何も言えませんでした。そんなトピ主さんは、発言小町に「上手なクレームの言い方や、大人な対応があれば教えてほしいです」と求めました。

 もしも料理に髪の毛が入っていたら、お店の人に言うか否か、編集部がツイッターでアンケートを取ったところ、7割近くが「言う」と答えました。

 発言小町に意見を寄せた「すずめ」さんは、「どんなに気をつけても、髪の毛が紛れ込むこともある」と、やむをえない状況に理解を示した上で、「さりげなく店の人に伝えます。謝罪されて作り直すと言われれば、水に流します。(お店の人に)悪意はない。怒る気にはなれないです」と説明しました。

 「むしろお店のために伝えます。再発防止に努めるきっかけになるのだから、店側としても指摘があった方が良い」という意見は「とおりがかりさん」。トピ主さんが今回、その場で黙っていたとしても、同じ目に遭って「もうこの店に通うのをやめよう」と思う客が増えてしまったら、お店にとって不幸だとして、「『店側に配慮して黙っておこう』という考え方自体が誤りだと思います」と書き込みました。

 「まにまに」さんも、「他のお客さんを気にして、言いにくいのは理解できます」としつつ、「気をつけていても異物混入はあります。伝えることで今以上に注意するようになり、お店には良いことかな」と、指摘することの意義をつづっています。

 異物混入を店に伝えるとした意見が相次ぐ一方で、「言わない」「言えない」という声も寄せられました。

 「匿名」さんはこれまで、髪の毛の混入だけでなく、ケーキのクリームに虫が付着していたり、スパゲティに金だわしの破片が刺さっていたりと、食べ物への異物混入を何度も経験しました。にもかかわらず、「言えないです。言っても事態が変わらないので」とあきらめの様子。お店に返金や値引きを要求したくても、「脅迫だなんだと言われても嫌」なので、結局、黙ったまま食事を残して帰るそうです。

 「やまちゃん」さんも「私は言わない」と断言。やはり以前、料理に髪の毛が入っていたことがありましたが、「気が弱いので、たとえ正当な理由があったとしても、言ってしまえば相手を 萎縮(いしゅく) させたり、あるいは、へこませたりしてしまうかな、と思うと何も言えなくなっちゃいます。それに、お店に悪気はないわけだしね」と、言い出せない心情をつづりました。

 注文した料理に異物が入っていたら、がっかりするのは当然です。ただ、ミスや失敗は誰にでもあること。お店の人にきちんと伝えることで、謝罪のチャンスをあげると考えてみてはどうでしょう。店側の対応次第では、残念な気持ちが晴れるかもしれません。

 「料理に髪の毛が入っていたら。」(トピ主:「パープル」さん)のトピは こちら

無断転載・複製を禁じます
1905291 0 小町VOTE 2021/03/12 15:00:00 2021/03/12 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210312-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)