読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

紅茶のティーバッグ、何回使いますか?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ティーバッグでいれた紅茶をよく飲むトピ主の「貧乏性」さん。来客時には、ティーバッグを1回しか使わず、2杯目を飲む客には新しいティーバッグでいれます。ただ、自分一人で飲む時には、同じものを4、5回使うそう。「最後の方は渋みが出てしまっておいしくないですが、1回ではもったいなくて捨てられない」とトピ主さんは言い、発言小町に「同じような方いらっしゃいますか?」と問いかけました。

 同じティーバッグを何回使うか、編集部がツイッターで尋ねたところ、60%が「1回だけ」と回答。「3回以上」と答えた人は9%でした。トピ主さんのように繰り返し使う人は少数派のようです。発言小町に寄せられたコメントも、「1回しか使わない」派が多数を占めました。

 「お金は節約する方だけど、紅茶(のティーバッグ)は1回だけ」と語るのは、「暖かい日」さん。「2回目も色は出るはずだと思うけど、出がらし状態では飲みたくないです。丁寧にいれた1杯の紅茶をたしなみたいです」と強調しています。やはり「1回しか使いません」と言うのは、「レイガ」さん。以前は2回ほど使っていましたが、紅茶とコーヒーのいれ方を学ぶ講習会に参加した際、講師に「ティーバッグは1回きりですよ」と教えられたといい、「それ以来1回で捨ててます。好きだからおいしく飲みたいです」とつづっています。

 一方、ティーバッグを繰り返し使う人たちの意見。「家なら当たり前。紅茶、緑茶のティーバッグはもちろんですし、ドリップコーヒーも3回くらい使いますよ」というコメントを寄せたのは、「夢」さんです。元々薄めが好きで、ティーバッグで2回目にいれた時の濃さが好みなのだとか。「家族からはセコイと言われるので、自分の分しかしませんけどね。3回目だと、明らかに薄いなと思いますが、家で1人で飲む分には平気」と明かしました。

 「ペンギンくん」さんは、「色が出る間はずっと使います。色が出なくなってきたな、と思ったら新しいのにかえます」とつづりました。「静流」さんは「私も貧乏性なので、トピ主さんと同じです(笑)。最後のほうなんて、ちょっと風味のついたお湯状態ですよね」とコメントしています。

 同じティーバッグを何度も使う姿は、あるキャラクターをほうふつとさせる……という指摘も。「おじゃるでごじゃる」さんは、このトピを見て、娘と「リアル『うすいさちよ』だよ~」と盛り上がったそうです。「うすいさちよ」とは、アニメ「おじゃる丸」(NHK Eテレ)に登場する女性キャラクター。薄い紅茶が好きで、使用済みのティーバッグを部屋に干しているシーンがたびたび描かれていました。「そうそう、私も“うすいさちよ”を思い出してしまいました(笑)」(「ちぃ」さん)、「うすいさちよさんみたいに、色が出なくなるまでやったことあります」(「ディンブラ」さん)といったコメントが続々と届いています。

 寄せられたコメントを見ると、いれ方はどうであれ、紅茶を味わう時間は、心が安らぐ大切なひとときであることに違いはないようです。

 「紅茶のティーバッグ。何回出しますか?」(トピ主「貧乏性」さん)のトピは こちら

無断転載・複製を禁じます
1922118 0 小町VOTE 2021/03/19 15:00:00 2021/03/19 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210319-OYT8I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)