読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

寝る時に靴下をはきますか?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 冷え性で、夜に靴下をはいたまま寝るという人は珍しくありません。友人たちとの会話中、寝る時に靴下をはくかどうかが話題になったトピ主の「もふ子」さん。自身は、はいたりはかなかったりだといい、発言小町に「皆様はいかがですか」と問いかけました。

 編集部で行ったアンケートでは、3人に2人が「はかない」と答え、「年中はく」は7%にとどまりました。発言小町には、年中はくという人から、寒い時期だけはく人、さらに、はかない人まで、たくさんの意見が届きました。

 「絶対にはきます」とコメントを寄せた「ゆうき」さんは、「6年前から、お風呂の時間以外、365日はいている」という靴下のヘビーユーザー。「シルク(絹)の5本指ソックスの上に、季節によって数枚重ねばきをします。私の体質に合ったのか、ものすごくよく眠れ、とても健康になりました」と語り、靴下の良さを強調しています。

 「如月」さんも「冷え性なので、真夏でも必ず靴下はいて寝ます。寝る時に限らず、お風呂入る時以外は常に靴下(日中はパンスト)をはいているし、素足になることはないです」と明かしています。

 年中はくという人の中には、災害対策ではいている人もいました。「ワニ」さんは、東日本大震災に遭遇した先輩から「地震で外に飛び出す時は、靴下は必須! うちの女房は素足で飛び出そうとして、足の裏を大けがして動けなくなった」と聞いて以来、靴下をはいて寝て、枕元には靴を置いているそうです。確かに、万が一の時のため、枕元に靴下や履物を備えておいたほうがいいのかもしれません。

 冬場だけはいて寝るというのは「kuma」さん。「足指のしもやけ対策です。皮膚科にもかかって塗り薬やビタミン剤などもいただきましたが、靴下ナシでは防げませんでした」。レッグウォーマーを活用している人も少なくありません。「ゆめ」さんは、「レッグウォーマーで、土踏まずから膝あたりまで防寒していますよ。土踏まずから先は覆われていると窮屈に感じてしまう」とコメント。「mini」さんも「あまりに寒くて足元が冷える時はレッグウォーマーをはいています。足首だけでも温めると違います」と説明しています。

 一方、はかない人からも数多くの声が寄せられましたが、はかない理由で最も多かったものの一つは、「気持ち悪いから」でした。「もち」さんは、「どんなにゆるい靴下でも、足が不自由な感じが嫌ではきません。私は外反母趾(ぼし)で、寝る時は親指と人さし指の間隔を空けるためのスペーサーを入れるため、余計にそう感じるのかもしれません」とコメント。寒い時は足元に湯たんぽを置いて寝るそうです。「きりきり」さんも「夏も冬もはきません。冬の夜、寒くてはいてみたことはありますが、息苦しいような気がして、よく寝られませんでした」と語ります。このほか、「靴下のゴムの締め付けが血行を悪くするし、冬場でも蒸れる」(「チョッパー」さん)、「はいて寝ると足の疲れが取れません」(「ココ」さん)といった意見もありました。

 快適だったり、不快だったりと、靴下をはいて寝る時の感じ方は人それぞれ。自分に合ったスタイルで体を休め、睡眠をしっかり確保したいものです。

 「(駄)寝る時に、靴下は、はきますか?」(トピ主:「もふ子」さん)のトピはこちら

無断転載・複製を禁じます
1938965 0 小町VOTE 2021/03/26 15:00:00 2021/03/26 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210326-OYT8I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)