【産後漢字ドリル】小学1年第1回「○回だけウンチのオムツを替えたことがある」

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 このドリルは、小学校の各学年で習う漢字で産後のアドバイスを伝えます。作者の渡辺大地さんがこれまで出会ってきた多くのパパ、プレパパたちから聞いた「しくじり」や悲哀をもとに作成しています。もちろん作者自身の「しくじり」も多分に含まれています。夫婦で一緒に読んで、会話を楽しみながら子育てしてもらえたら――そんな思いで作っていきます。

 さて、第1回です。オムツ替えに点数を付けるパパは多いようです。オシッコなら1点、ウンチなら5点というように。点数がたまるとどうということもないのですが、妻から「今日はオムツ替え8点だね」などと採点されることが、パパのモチベーションアップに貢献しているというのが、男として(かな)しいやらおかしいやら。

【プロフィル】渡辺 大地(わたなべ・だいち) 産後ケア会社「アイナロハ」代表。1980年、札幌市生まれ。2009年に第1子となる長男を授かり、「子煩悩なありふれたパパとなったつもりが、実は父親としての役割も夫としての役割も果たしていなかった」と感じたのがきっかけで、2011年、産後サポートサービスを提供する会社を設立。現在は全国各地で年間100回ほど夫婦や父親を対象にした講座で講師を務めている。1男2女の父。著書に「赤ちゃんがやってくる! ~パパとママになるための準備カンペキBOOK~」(KADOKAWA)など。

300509 1 子育てサロン 2019/02/01 00:00:00 2019/02/08 11:47:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190124-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ