【産後漢字ドリル】小学1年第5回 悪露を見てようやく、ことの重○さに気付いた

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 小学1年生で習う漢字をもとに、子育て中のパパにありがちなエピソードを伝え、子育てのヒントを考える「産後漢字ドリル」の第5回です。

 「悪露」……男性のなかには、「読み方もわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。「おろ」……それは、産後に子宮から排出された血液などのことです。

 われわれ男性は、生理出血を見たことがないのと同様に、悪露も見ることなく生きています。私は、妻が2人目を出産した直後に、お風呂場で血痕(流し残されていた悪露)を偶然発見してしまい、そのあまりの出血量に衝撃を受けました。女性は妊娠中や出産のときだけではなく、産後も大変なんですね。私が妻の体調を気にするようになったのは、それがきっかけです。

【プロフィル】渡辺 大地(わたなべ・だいち) 産後ケア会社「アイナロハ」代表。1980年、札幌市生まれ。2011年に同社を設立、現在は全国各地で年間100回ほど夫婦や父親を対象にした講座で講師を務めている。1男2女の父。著書に「赤ちゃんがやってくる! ~パパとママになるための準備カンペキBOOK~」(KADOKAWA)など。

465569 1 子育てサロン 2019/02/28 05:00:00 2019/03/07 10:21:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190226-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ