読売新聞オンライン

メニュー

天皇陛下、五輪開会式に出席し開会宣言へ…皇后さまは出席されず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮内庁は20日、天皇陛下が23日に国立競技場で開かれる東京五輪の開会式に出席されると発表した。皇后さまは出席されない。皇室の方々による各競技の観戦についても原則無観客となったことを踏まえ、すべて見送るという。

 開会式では、五輪憲章で開催国の国家元首が開会宣言を行うと定められていることから、東京五輪の名誉総裁も務める天皇陛下が開会を宣言される。新型コロナウイルスの感染対策で各国の元首らが配偶者を伴わずに単身で出席するため、皇后さまの出席は見合わせる。

 天皇陛下は開会式前日の22日に皇居・宮殿で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長ら大会関係者約20人と面会するほか、開会式当日には各国の元首ら約20人を宮殿に招き、あいさつを受けられる。両日の宮殿行事ではお言葉も述べられる。

 1964年の東京五輪には、昭和天皇と香淳皇后が出席し、皇室の方々が各競技を観戦していた。

無断転載・複製を禁じます
2221565 0 皇室 2021/07/20 15:42:00 2021/07/20 22:13:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)