愛子さま、黒田清子さんのティアラ借りて成年行事…宝冠大綬章の授与を閣議決定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 12月1日に20歳の成年になられる天皇、皇后両陛下の長女愛子さまに同日付で宝冠大綬章が授与されることが16日の閣議で決まった。宝冠章は女性のみに贈られる勲章で、大綬章はその最高位。

閣議に臨む岸田首相(中央)(16日午前、首相官邸で)=源幸正倫撮影
閣議に臨む岸田首相(中央)(16日午前、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 宮内庁によると、愛子さまの成年行事は大学の授業などに配慮し、平日の12月1日と日曜日の同5日に分けて行われる。1日は夕方に皇居・御所で宮内庁長官らから祝賀を受け、夜は両陛下と祝いの御膳を囲まれる。5日は宮中三殿を参拝した後、宮殿で天皇陛下から勲章が授与される。続いて皇族方や三権の長らから祝賀を受けられる。

 成年になった女性皇族にはティアラが新調されるが、コロナ禍で多くの国民が苦労している状況を考慮し、愛子さま用のティアラは制作されていない。このため愛子さまは、陛下の妹の黒田清子さんのものを借りて成年行事に臨まれる。コロナ禍のため祝宴や茶会も開催しない。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2523944 0 皇室 2021/11/16 12:21:00 2021/11/16 12:36:42 閣議に臨む岸田首相(中央)。右は野田少子化相、左は林外相(16日午前10時、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211116-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)