ふられて一念発起 大学へ…瀬戸健さん

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

RIZAPグループ社長

瀬戸健さん(萩本朋子撮影)
瀬戸健さん(萩本朋子撮影)

 実家は北九州市のパン屋で、通っていた小学校の前にありました。自宅と工場を兼ね、店の休みは年2日ほどでしたが、両親と7歳上の兄に5歳上の姉、祖父の6人家族でいつもにぎやかでした。

 小中学校の時は、宿題をやった記憶がありません。いつも、友達と外で遊んでばかりでした。それでも、実家では駄菓子も売っていたので、菓子の仕入れ代と販売価格から原価率を考えるなどして、商いの基本を学びました。

 高校は福岡県立北筑高校で、地元では厳しい学校として有名でした。遅刻や欠席は許されず、無遅刻無欠席の生徒が多かったのですが、私は遅刻したり、授業を抜け出したりして、勉強も学年で最下位レベルの低空飛行でした。

 高校卒業後はフリーターになり、友人と遊ぶ日々でした。しかし、当時の恋人を大学生に奪われてしまいます。これを機に人生が変わりました。「絶対、大学生になってやる」と一念発起して、10月から予備校の寮に入り、猛勉強しました。居心地の良い地元で大きなことはできないと思い、東京の明治大商学部に進みました。もし、あの時ふられなければ今も地元にいたと思います。大きなきっかけをくれたと思っています。

 勉強の習慣もなく、受験科目の丸暗記だけで合格したので、大学入学後は周囲との知識の差を痛感しました。

 1日1回、目次だけでもいいから「本を開いて読む」と決めました。半年もすると、1か月で20冊は読めるようになりました。それまで読まなかった新聞も読むようになりました。読むことで視野が広がり、起業にも関心を持つようになりました。

 学生時代、交通事故で交際中の彼女に大けがを負わせてしまい、責任を取ろうと結婚を決めました。結婚と同時に、ライザップにつながる食品販売の会社を創業しました。

 学生生活では、勉強を始め苦手なことが多く、何かを人に頼むことは得意でした。社長になった今も、自分の至らない点は自覚しています。支えてくれる方がいるからこそ、会社が成り立っていると思います。

プロフィル
せと・たけし
 1978年生まれ。2003年に「健康コーポレーション」を創設し、おからクッキーなどの販売を始める。スポーツジム「RIZAP(ライザップ)」で急成長。近年は事業の多角化を進めている。

 (2018年8月23日付読売新聞朝刊掲載)

37807 0 教育 2018/08/27 05:20:00 2018/08/27 05:20:00 インタビューに応じるライザップグループ代表取締役の瀬戸健さん(2日、東京都新宿区で)=萩本朋子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180823-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ