ダンスが広げた交流の輪…キンタロー。さん

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

タレント

キンタロー。さん(小林武仁撮影)
キンタロー。さん(小林武仁撮影)

 「人を笑わせたい」という原点は小学校時代にあります。3年生の時、担任の先生が「5匹のこぶたとチャールストン」の曲にあわせて踊るという課題を出しました。うまく踊れた子を先生が選んで台に上げてくれるのですが、女子で唯一、私が選ばれました。

 家ではひょうきん者でしたが、同級生からはツンツンしていると思われ、友達作りで苦労していました。しかし、夢中で踊る私の意外な一面に同級生が面白がり、その日を境に一気に友達が増えました。以来、友達を笑わせようと、テストでわざと変な答えを書くこともしました。友達に「面白いから吉本に入りなよ」とも言われて、自分の居場所ができたと思いました。

 でも、楽しかった学校生活は中学に入って一転。1年生の時、私の下品な冗談が発端で、同じグループの子たちに無視されるようになったのです。謝っても許してもらえず、学校を休みがちになりました。幸い違うクラスに幼なじみがいたので、一緒に遊んで気を紛らすことができましたが、3年間、同級生全員に気をつかって敬語で話す癖は抜けませんでしたね。当時のことは今でもトラウマです。

 高校卒業後、大阪の短大に進学し、その新入生歓迎会で出会ったのが競技ダンスです。スピードやキレのすごさに心を奪われ、競技ダンス部に入部。授業以外は練習に明け暮れ、1年半後には全国大会で4位に入賞しました。

 将来は吉本に入ってお笑い芸人になろうと思い、2年生の終わりに吉本新喜劇のオーディションに合格していましたが、好きだった男性の先輩に「お笑いかダンス、どっちかにしろ」と言われ、ダンスを選びました。卒業後はダンスの講師などをしていましたが、「やっぱり夢をかなえたい」と29歳の時、お笑いの道に進みました。

 いまテレビ番組の企画で、競技ダンスの大会に出場していますが、学生時代に必死になって取り組んだダンスを、一番いい形で披露できるのはとてもうれしいことですね。

プロフィル
 1981年、愛知県生まれ。関西外国語大短大卒。ダンスの講師などを経て、2012年、30歳でデビュー。元AKB48の前田敦子さんのものまねなどで人気に。テレビ番組の企画で、競技ダンスの日本代表として世界大会にも出場している。

 (2018年10月25日付読売新聞朝刊掲載)

46018 0 教育 2018/10/29 05:20:00 2018/10/29 05:20:00 インタビューに答えるタレントのキンタロー。さん。東京都中央区で。2018年9月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181025-OYT8I50002-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ