文字サイズ
    学校、受験など教育に関する掘り下げた記事をタイトルごとに掲載します。
    スクールデイズ

    早慶戦に感動 2浪し早大へ…小宮山悟さん

    聞き手・中谷和義

    元プロ野球投手

    • 小宮山悟さん(安斎晃撮影)
      小宮山悟さん(安斎晃撮影)

     野球を始めたのは、3歳年上の兄のおかげです。父が、体の弱い兄に少しでも運動させようと、兄弟用にグラブを二つ買ってくれました。小2でした。ボールを投げるのが楽しく、小5で地元の軟式野球チームに入りました。中学の部活も野球でしたが、その頃はプロ野球選手になるなんて考えられませんでした。

     創立2年目の芝浦工大柏高校(千葉県柏市)を進学先に選んだのは、単純に自宅から近かったから。自転車で1分の距離だったので、NHKの朝の連続ドラマ「おしん」を最後まで見届けてから登校していました。野球部の練習も2時間弱で、「猛練習」とは無縁。2年生から背番号「1」を付けていましたが、夏の大会では1勝もできませんでした。

     付属校なので大学進学は内部推薦の選択肢もあったのですが、たまたまテレビで東京六大学野球の早慶戦を見て感動し、先生に「早慶に進学したい」と伝えたら、「お前は早稲田タイプ」と言われました。それでクラスメートにも「俺は早稲田に進学する」と宣言しました。

     2浪してやっと早稲田に合格し、野球部に入ったときは、自分の体力のなさを痛感しました。ほかの1年生は高校時代に猛練習をしてきた選手ばかりなのに、こちらは100メートル先の自動販売機にも原付きバイクで行くような自堕落な浪人だったので。1浪のときに多摩川で巨人の入団テストを受け、1次を通過した経験を心の支えに、がむしゃらに歯を食いしばって練習しました。

     3年生になるとき、石井連蔵監督が就任しました。「学生野球の父」と言われた飛田穂洲すいしゅう・初代監督の弟子で、練習量も考えられないくらい多い「鬼」。500球、600球投げるのは当たり前でした。厳しい毎日でしたが、おかげで人間的に強くなれました。

     もし大学に現役合格していたら、石井監督には会えなかった。強運でした。今度は自分が監督として選手を育て、恩返ししたいと思います。

    プロフィル
    こみやま・さとる
     1965年、千葉県生まれ。早大野球部のエース、主将として活躍し、ドラフト1位で90年にロッテ入団。横浜、アメリカ大リーグ・メッツでもプレーした。2009年に現役引退。通算成績は117勝144敗4セーブ。19年1月、早大野球部監督に就任する。

     (2018年11月22日付読売新聞朝刊掲載)

    2018年11月26日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun