読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[恩師のコトバ]ゴールを決めない…芝居に新たな命を吹き込んでもらった

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

小瀧望さん 24 歌手、俳優

 舞台演出家の森新太郎さんと初めて会ったのは1年ほど前。19世紀のロンドンに実在した青年の過酷な人生を描いた舞台「エレファント・マン」で、森さんが演出し、僕が主人公のジョン・メリックを演じることになった時でした。

小瀧さんは舞台「エレファント・マン」で難しい役に挑んだ
小瀧さんは舞台「エレファント・マン」で難しい役に挑んだ

 森さんの厳しい指導を受けた経験がある事務所の仲間からは、「森さんに小手先の芝居は通用しない」と忠告を受けました。まっさらな状態でこてんぱんにやられて基礎から演技を学びたい。そう思い、これまでの経験は全て忘れて臨みました。

 メリックは、頭部が肥大化し、歩行も困難なほど変形した身体から「象人間」と呼ばれ、見せ物小屋にいました。ある外科医と出会い、初めて人間らしい生活を手に入れますが、27歳で死去。舞台は最後の5年ほどの葛藤を描いています。

ダメ出しの嵐…振り返るとぜいたくな時間

 稽古で顔や体をねじ曲げてメリックを演じると、ダメ出しの嵐。「高い細い声でもっとゆっくり」「息を吐き切れ」――。怖かったですよ。全ての指摘が的確で、ついていくのに精いっぱい。専門用語が連続する2ページの長セリフがうまくできず、稽古後に森さんに呼ばれ、「違う、もう1回」と30分以上、繰り返したこともあります。振り返れば、ぜいたくな時間でした。

森さんの的確な助言のおかげで、多くの発見があった
森さんの的確な助言のおかげで、多くの発見があった

 公演は昨年10月から約1か月間。「良かった」と褒められる日も増えた頃、「今日は良くなかった」とコンコンと諭された日がありました。楽屋で2人きりになった時に言われたのが、「ゴールを決めない」という言葉です。

 慣れてきて、芝居が固まってきていたんです。セリフの言い回しや目線、手足の動き、泣き方など表現のゴールを決めてやろうとしていた。でも、逆算じゃ、観客の心は動かせない。他のキャストとのやりとりで、感情を生みだし、新しい命を吹き込んでいくことが大事だと教わりました。

 翌日、芝居をリセットしました。多くの発見がありました。目線を変えるだけで見える景色が違って、新たな感情がわき起こってくる。面白かったですね。

 無事、千秋楽を迎え、森さんから「お前は俺の手元から離れた。ちゃんとジョン・メリックだったよ」と言われた時は泣き崩れそうになりました。達成感は半端なかった。

身も心も死んでたまるか…いつかみんなで笑える日まで

 「ゴールを決めない」は芝居だけじゃなく、ジャニーズWESTの歌やダンスにも通じる言葉です。到達地点を決めたら、その上には行けない。仲間とその場、その瞬間を感じて楽しみながらパフォーマンスしていくことが大切だと改めて感じました。

 コロナの感染拡大で中止になった興行はたくさんあります。次の機会には、今回準備していた内容より、質の高いものを絶対に見せたい。いつかみんなで笑える日まで身も心も死んでたまるか。また森さんと一緒に舞台をやれるよう、さらに成長していきたいと思います。(聞き手・上田詔子)

  小瀧望 (こたき・のぞむ)大阪府出身。2014年に「ジャニーズWEST」のメンバーとしてCDデビュー。「エレファント・マン」の演技で読売演劇大賞の杉村春子賞に輝く。7月28日、シングル「でっかい愛/喜努愛楽」を発売。8月から舞台「検察側の証人」で主演を務める。

声と目にドキッ…伸びしろしかない

森新太郎さん 44 舞台演出家

森新太郎さん
森新太郎さん

 稽古の時にドキッとしたことが二つあります。一つは声です。体をゆがませてぎこちなく話す姿から一転、姿勢を正し、現代社会が生み出した人間の心のひずみについて堂々と述べる場面で、よく通る柔らかな声が響き渡り、驚きました。

 もう一つは目。知的でピュアな内面を、澄んだ瞳で体現していました。どちらも教えてできることではない。持って生まれた素質と言うほかなく、普通のアイドルとは違うと思いました。

 物語の終盤、弱った体でベッドに向かう場面があります。途中立ち止まって二呼吸、息を整えるというリアルな描写は彼が生み出したものです。無意識のうちにたどり着いた演技らしい。あの瞬間、劇場中の観客がメリックと共に息をしているように感じました。

 彼は、真面目で誠実で、表現することに飢えています。伸びしろしかありません。それこそゴールを決めずに、みずみずしい気持ちのまま多方面に挑戦してほしい。また一緒に舞台をやろう。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2240982 0 教育 2021/07/28 12:24:00 2021/07/28 12:24:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT8I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)