「御の字」「砂をかむよう」本来の意味理解は3割台…文化庁調査

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「御(おん)の字」「砂をかむよう」の慣用表現について、本来の意味を理解している人は3割台にとどまることが、文化庁が29日発表した2018年度「国語に関する世論調査」でわかった。文化庁は「活字離れに伴い、慣用句の意味を文脈から推しはかる機会が少なくなった影響もあるのではないか」とみている。

 調査は今年2~3月、全国の16歳以上の男女に実施、1960人から回答を得た。

 「砂をかむよう」について、「無味乾燥でつまらない様子」と、本来の意味で捉えていたのは32・1%。56・9%は「悔しくてたまらない様子」を選び、年代別では50歳代以下で高い傾向だった。文化庁では「『唇をかむ』のように、かむ姿が悔しさを連想させた可能性がある」と説明する。

 「御の字」も、本来の「大いにありがたい」を選択したのは36・6%で、49・9%は「一応、納得できる」と捉えていた。

 「憮然(ぶぜん)」を本来の「失望してぼんやりとしている様子」と理解していたのは28・1%だった。

無断転載禁止
871317 0 ニュース 2019/10/29 17:02:00 2019/10/30 05:04:11 2019/10/30 05:04:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ