英語民間試験が延期、文科省担当者ら「おわび行脚」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年度からの大学入学共通テストで、英語民間試験の活用が延期されたことを受け、文部科学省の担当者らが、各大学や実施団体への経緯説明やおわびに追われている。8日午後には熊本市で、国立大学協会の総会に集まった学長らに対し、文科省幹部が説明する見通しだ。

 国大協は昨年3月、民間試験を国立大の全受験生に課す指針を出していた。文科省は1日の延期表明後、各大学に「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」とする謝罪メールを送ったが、「できるだけ出向いて丁寧に説明したい」とし、8日も総会の前に幹部が説明とおわびをする。国大協は指針の運用を当面、見送るとみられる。

 試験の実施6団体に対する経緯説明も始めている。ある実施団体は今週、文科省の担当者と1時間ほど面談し、今後1年をめどに英語試験について再検討することなど、対応の説明を受けた。

 文科省は今後、改めて経緯説明の文書を大学や実施団体などに送る方針。別の実施団体の担当者は「我々への謝罪より受験生への対応の方が重要だ。文科省がリーダーシップを発揮してほしい」と訴えた。

無断転載禁止
887986 0 ニュース 2019/11/08 11:36:00 2019/11/08 13:38:07 2019/11/08 13:38:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ