共通テスト英語、来年度は「読む・聞く」2技能で実施…大学入試センター作成

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年度(21年1月実施)の大学入学共通テストの英語について、大学入試センターは15日、英語4技能「読む、聞く、書く、話す」のうち「読む、聞く」の2技能を測るセンター作成の英語テストを実施すると発表した。共通テストの英語は、4技能が測れる英語民間試験との併用を予定していたが、民間試験の活用延期で、初回は、2技能のみを測る内容となる。

 現在の大学入試センター試験の英語は筆記(200点)とリスニング(50点)で、主に「読む、聞く」の2技能を測る。発音やアクセント、語句の並び替えなど、間接的に「書く、話す」力をみる問題もある。

 20年度の共通テストでは、「書く、話す」も測れる民間試験を活用する予定だったため、発音やアクセントの問題などを廃止した。「読む」リーディングと「聞く」リスニングで、いずれも配点は100点満点とした。「書く、話す」の2技能について、文部科学省は「各大学の2次試験などで測る工夫をしてほしい」としている。

 民間試験は、受験生の経済、地域格差への懸念がぬぐえないとして今月、活用延期が決まった。

 大学入試センターでは大学教員ら専門家とセンター作成の英語テストを4技能を測る内容に変更できないか協議したが、21年1月16、17日に行われる共通テストに向け、既に問題の作成が進んでおり、変更は困難と判断した。文科省は今後1年程度かけて民間試験活用の是非を含めた英語テストの検討を進める。

 一方、この日の公表資料では、採点の正確性や公平性などを巡って批判の出ている国語、数学の記述式については、予定通りの実施が明記された。

無断転載禁止
900227 0 ニュース 2019/11/15 11:07:00 2019/11/15 11:36:42 2019/11/15 11:36:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191115-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ