センター試験で「検索しよう」、スマホを両足に挟み電源入れる…全教科無効に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学入試センターは19日、今回の試験でスマートフォンを使った不正行為が1件あったと発表した。スマホの不正使用は、過去の試験で4件発覚しており、今回が5件目となる。

 不正行為があったのは、埼玉県の試験場。18日の「地理歴史・公民」で、受験生が試験開始から約45分後、ポケットからスマホを取り出し、両足に挟んで電源を入れたところを複数の試験監督が目撃した。受験生は「分からない問題があったので検索しようとした」と、不正を認めた。外部との通信はなかったという。この受験生は全教科を無効とされた。

無断転載・複製を禁じます
1008083 0 ニュース 2020/01/19 21:08:00 2020/01/20 08:51:48 2020/01/20 08:51:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ