「休校中も学べる」ネット無料教材続々…経産省HPで紹介

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 一斉休校によって家庭などで過ごす子供たちの学習を支援しようと、民間の教育事業者が、インターネット上で学べるオンライン教材を無料提供する動きが広がっている。

 家庭学習応援サイトを開設したのは、学研ホールディングス(東京)。今月31日までの期間限定で、小中学生向けの授業動画が無料で視聴できる。高校生向けの難関大対策講座の動画も5日から視聴可能になる。学習に役立つ電子書籍も配信しており、パソコンやスマートフォンで見られる。

 無料通信アプリ大手LINE(東京)も、学習塾を展開する市進ホールディングス(千葉)などと連携し、アプリ上で、中高生らが国語や数学、英語など5教科を学べるようにした。新型コロナウイルスの感染拡大が終息するまで続ける。担当者は「子供たちの学習機会が充実するように支援したい」と話す。

 主に高校生用のオンライン教材を手がけるClassi(東京)は、9日から4月末まで有名講師陣が行う講義動画を無料提供する。高校単位で申し込み、生徒の学習状況を教員も把握できる仕組みで、「すでに120校以上から問い合わせが来ている」(広報)という。

 突然の一斉休校で、どのように家庭学習を進めたらいいのか戸惑う子供も多い。

 2日から休校になった宇都宮市立小の6年男子児童の母親(40)は「4月から中学生になるのに途方に暮れていた。無料サービスを使ってみたい」と語った。

 経済産業省は、オンライン教材を無料提供している民間事業者などを同省ホームページ(https://www.learning-innovation.go.jp/covid_19/)で掲載している。

 【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1082946 0 ニュース 2020/03/02 22:07:00 2020/03/07 16:04:57 2020/03/07 16:04:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ