公立1355校、15日までに休校終了…全体の4・1%

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う小中高校などの一斉休校について、公立学校全体の4・1%にあたる1355校が15日までに休校を終了したことが、文部科学省の調査でわかった。もともと一斉休校をしていない347校を加えると、全体の5・1%となった。

 調査は17日正午時点の状況を集計した。9~15日に休校を終了したのは富山市や静岡市、那覇市などの小学校702校、中学校391校、高校222校など計1350校。8日以前に休校を終えたのは5校で、東京都小笠原村の小学校2校と中学校2校、山形県立特別支援学校の1校だった。23日以降に休校を終える学校が最も多く、全体の79・6%を占めた。

 また10日時点では、自治体の約64%が公立小学校の空き教室を利用するなどして、児童の居場所を確保する取り組みをしていた。卒業式については、約98%の公立小中高校などが実施または実施予定だと回答した。

残り:0文字/全文:392文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1114908 0 ニュース 2020/03/18 12:11:00 2020/03/18 12:11:00 2020/03/18 12:11:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ