【独自】9月入学「小学ゼロ年生」検討…卒園後の5か月間、小学校で生活案

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 学校の休校長期化を受けて政府が検討する9月入学・始業を巡り、入学前まで子供を「ゼロ年生」として小学校で生活させる案が浮上していることが分かった。3月に幼稚園や保育所を卒園した子供たちの処遇が課題とされており、文部科学省が検討を始めた。

 9月入学を実施する場合、就学開始時期が現在よりも半年遅れになる。文科省では、ゼロ年生を導入すれば、卒園の時期が現行と同じ3月のままでも、比較的円滑に9月入学に移行できるとみている。

 今回の案を来年に9月入学・始業とともに導入する場合、2021年3月に幼稚園などを卒園し、4月から8月の5か月間はゼロ年生として学校生活を送る。小学校期間を計6・5年間とする。

 小学校を6・5年制にすることに合わせ、ゼロ年生向けの教員の確保のほか、教育課程や教科書策定などの対応策も検討する。

無断転載禁止
1231604 0 ニュース 2020/05/21 05:00:00 2020/05/21 08:46:12 2020/05/21 08:46:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ