文科相、第2波来れば「修学期間延長も」…高校入試は例年通りに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスへの学校の対応について、萩生田文部科学相は5日の閣議後記者会見で、感染拡大の第2波により長期の休校となった場合は今年度の修学期間を延長することも検討するとした。

 文科省は休校による学習遅れへの対策として、夏休みの短縮や指導内容の見直しなどを打ち出している。萩生田文科相はこれらの対策を前提とした上で「再び休校が長期にわたった場合、学びの時間を確保するさまざまな方策を選択肢に入れておく必要がある」とした。

 また来春の高校入試については「例年と同様に1~3月に実施してほしい」とした。高校入試では、中学3年生が居住する都道府県内での受験が一般的で、移動による感染拡大のリスクが低いことを考慮した。文科省は既に、入試を実施する都道府県教育委員会などに、出題範囲を限定するなど必要に応じて工夫するよう通知を出している。

無断転載・複製を禁じます
1260834 0 ニュース 2020/06/05 11:29:00 2020/06/05 13:59:52 2020/06/05 13:59:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ