学習遅れ挽回に土曜も授業、夏休みも半減…埼玉・春日部の小中学校

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で約3か月続いた臨時休校による学習の遅れを取り戻そうと、埼玉県春日部市内の小中学校で6日、土曜授業が始まった。

 緑小学校の5年生の教室では理科の授業などが行われ、マスクをつけ、席を1席ずつ空けて座った児童17人が、教諭の説明を真剣に聞き、ノートを取っていた。

 同市では1日に学校が再開され、現在は分散登校が行われている。土曜授業は、12月5日まで隔週で行うほか、夏休みを通常の約半分の20日間に短縮するなどし、授業日数の不足を取り戻す予定という。

 6年生の男子児童(11)は「休校中は家にいてつまらなかった。土曜日でも友達に会えるのはうれしい」と笑顔だった。

無断転載・複製を禁じます
1262896 0 ニュース 2020/06/06 20:06:00 2020/06/06 20:06:00 2020/06/06 20:06:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ