読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

学習遅れ挽回に土曜も授業、夏休みも半減…埼玉・春日部の小中学校

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で約3か月続いた臨時休校による学習の遅れを取り戻そうと、埼玉県春日部市内の小中学校で6日、土曜授業が始まった。

 緑小学校の5年生の教室では理科の授業などが行われ、マスクをつけ、席を1席ずつ空けて座った児童17人が、教諭の説明を真剣に聞き、ノートを取っていた。

 同市では1日に学校が再開され、現在は分散登校が行われている。土曜授業は、12月5日まで隔週で行うほか、夏休みを通常の約半分の20日間に短縮するなどし、授業日数の不足を取り戻す予定という。

 6年生の男子児童(11)は「休校中は家にいてつまらなかった。土曜日でも友達に会えるのはうれしい」と笑顔だった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1262896 0 ニュース 2020/06/06 20:06:00 2020/06/06 20:06:00 2020/06/06 20:06:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)