読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「9月入学」賛成?反対?…当事者たちの揺れた心、ツイッターで分析

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大による休校の長期化を受け、学習の遅れを解消するために検討された「9月入学」。政治家や教育関係者らが様々な意見を表明する中、当事者である生徒や学生たちはどう受け止めたのか。若者の利用が多いツイッターの投稿から分析すると、賛成と反対が時期に応じて増減していることが見えてきた。(教育部 岡本裕輔、鯨井政紀)

話題広がり、賛成の声…「チャンスは今」

 読売新聞はNTTデータ(東京)とともに、安倍首相が全国の学校に休校を要請した2月27日から6月10日までの105日間を対象に、生徒や学生の約1万8000件のツイートを分析した。

 日別で見てみると、最初の投稿は2月27日。高校生とみられるユーザーが、<9月入学にしたら、毎年受験の時にインフルエンザにおびえる必要ない>と賛同するツイートを投稿。

 これ以降、3月末までに計51件のツイートがあったが、この頃はまだ、休校がこれほど長引くとは見られていなかったため、関心を集めなかった。

 だが、東京都立高校の生徒とみられるユーザーが4月1日に、<新学期開始を半年ずらすのが最善。チャンスは今しかない>と投稿すると、ツイートは拡散。9月入学は生徒や学生の間でも大きな話題になった。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
1284781 0 ニュース 2020/06/18 08:39:00 2020/06/18 09:11:07 2020/06/18 09:11:07 休校が3か月近く続く中、9月入学の議論が浮上した(5月25日午後2時13分、足立区立江南中学校で)=鯨井政紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200618-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)