共通テスト、高3生の希望で日程選択…大学側は特例追試の扱い困惑

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学入試センターは30日、来年の大学入学共通テストの実施要項を発表した。新型コロナウイルスによる休校で学習が遅れた高校3年生が受験できる第2日程(1月30、31日)は、受験生が希望し、高校長が認めた場合に出願可能となる。

 共通テストは1月16、17日に第1日程が、学習の遅れを理由にする高3や、病気などで第1日程を受けられなかった場合の追試験として第2日程が行われる。2月13、14日には特例追試験があり、各テスト間の得点調整は実施しない。

 出願は9月28日から。入試センターは、校長が「学習遅れ」を判断する基準を明示しておらず、文部科学省は「生徒の意向を最大限尊重してほしい」としている。多くの高校は学校がまとめて出願手続きをするため、その際に生徒が自身の学習状況に合わせて日程を選ぶことになりそうだ。

 第1と第2日程の成績は、いずれも2月8日以降に大学に提供される。過去のセンター試験より1週間程度、ずれ込む。特例追試は2月18日以降となる。

 また、入試センターは共通テストの問題を本試験用と追試用の2種類しか準備していないため、特例追試では過去に作ったセンター試験の予備問題を使う。センター試験と共通テストでは、英語リスニングの配点や数学の解答時間などが異なるため、入試センターは「別の試験なので両試験の成績は比較できないが、大学はその上で活用してほしい」としている。

 初の共通テストが異例ずくめの方式で行われることについて、高校の受け止めは様々だ。埼玉県立高校の校長は「現時点では遅れを取り戻すのに必死で志望校も決まっておらず、どちらを受けるべきか指導できない」と話す。神奈川県立高校の校長は「生徒が選択できることは悪いことではないが、第1日程を選ぶ生徒が大半では」とみる。

 大学側は、特例追試の受験者の扱いについて困惑している。2段階選抜を予定している東京都立大の担当者は「2次試験の直前に成績が提供されるので、別に対応を考える必要がある」とする。都内の私大担当者は「共通テストと別の試験なので特別枠を設けるしかないが、受験生の数も分からず、対応は各大学とも難しいのでは」と語った。

無断転載禁止
1312253 0 ニュース 2020/07/01 05:00:00 2020/07/01 07:44:19 2020/07/01 07:44:19

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ