読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中高生の英語力、政府目標届かず…「水準到達」中3は44%・高3は43%

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文部科学省は15日、全国の公立中、高校などを対象にした2019年度の「英語教育実施状況調査」の結果を公表した。政府が目標とする水準の英語力を持つ割合は、中学3年が44・0%、高校3年は43・6%で、いずれも達成を目指す「50%以上」には届かなかった。

 調査は昨年12月に実施。中3については、中学卒業レベルとされる実用英語技能検定(英検)3級程度以上の実力がある割合を調査し、前年度比1・4ポイント増の44・0%だった。内訳は、民間試験で資格を取った生徒が25・1%、資格はないものの教員が同程度の実力を認めたのは18・9%だった。

 高3は、高校中級レベルの英検準2級程度以上の実力がある割合は、同3・4ポイント増の43・6%。資格取得者は26・7%、実力を認められたのは16・9%だった。民間試験を受けた生徒は前年度比6・2ポイント増えており、昨年秋まで大学入学共通テストで英語民間試験が導入予定だったためとみられる。

 都道府県・政令市別では、中学ではさいたま市の77・0%が最も高く、岐阜県58・1%(前年度比13・0ポイント増)、神戸市50・1%(同18・6ポイント増)などが大きく上昇した。高校では福井、富山、秋田、兵庫の4県が50%を超えた。

 政府は中高とも22年度までに「50%以上」の目標を掲げている。新型コロナウイルスの感染拡大で英語民間試験が中止されていることなどから、20年度の調査は中止される。

無断転載・複製を禁じます
1343944 0 ニュース 2020/07/15 17:17:00 2020/07/15 18:47:35 2020/07/15 18:47:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)