読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

共通テスト第2日程、高3の希望者は3万2千人…全体の1割弱

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 来年の大学入学共通テストで、休校による学習遅れに配慮した第2日程での受験を、約3万2000人の高校3年生が希望していることが、文部科学省の調査で分かった。当初の予定通りの第1日程を希望したのは約43万1000人で、第2日程の希望者は全体の1割弱にとどまった。

 萩生田文科相が31日の閣議後記者会見で、全国の高校3年生約100万人に対する意向調査の結果を公表した。共通テストの受験希望者は約46万人だった。

 共通テストは、第1日程を来年1月16、17日、第2日程を同30、31日に実施する。第2日程は、受験生本人が希望し、校長も「学習が遅れている」と認めた場合に受験できる。9月下旬からの出願の際、どちらを希望するか高校がとりまとめる。

 共通テストの後に実施される私大の一般入試や国公立大の2次試験は、ほぼ当初日程のままで、第2日程を受けると準備期間が短くなる。そのため、受験生の多くは第1日程を希望したとみられる。

 文科省は第2日程の会場を47都道府県に設けるとしており、国立大を中心に会場確保を進めている。

無断転載・複製を禁じます
1377249 0 ニュース 2020/07/31 12:09:00 2020/07/31 12:34:50 2020/07/31 12:34:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)