読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高3の休日勉強「二極化」…「6時間以上」2割、「全くしない」3割

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高校3年生の5人に1人が休日に自宅や塾で6時間以上の勉強をしていたことが、文部科学省の調査でわかった。一方で、高3生の3割は休日に全く勉強しておらず、文科省は「二極化の傾向がみられる」と指摘している。

 2001年に生まれた全国の子供を対象に毎年実施している継続調査で、19年は18歳になった2万4654人が回答した。

 休日に授業の予習・復習や受験勉強をどのくらいしているのかを尋ねたところ、高3生の19・2%が6時間以上と回答した。高2の時は2・0%にとどまっており、猛勉強する割合が急増した。大学進学を希望する生徒に限ると、6時間以上勉強する生徒は29・8%に上り、高2時点(3・1%)を大幅に上回った。

 一方、全く勉強しない割合は30・3%で、高校受験を控えた中3の時(10・2%)から大幅に増え、高1(26・3%)や高2(29・9%)の時を上回った。

 高校卒業後に働くことを考えている生徒の62・9%が勉強しておらず、短大や専門学校への進学希望者も含めて、勉強しない生徒の割合が高2の時より増加していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1444596 0 ニュース 2020/08/31 14:57:00 2020/08/31 19:13:28 2020/08/31 19:13:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200831-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)