高校生の採用選考、1か月遅れで解禁…宿泊・飲食サービス業の求人は半減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高校生に対する企業の採用選考が16日、解禁され、全国の企業で面接が始まった。今年は新型コロナウイルスによる休校で高校の進路指導が進まず、政府が解禁を1か月遅らせるなど異例の就職活動に。業界によっては求人数が大きく減っており、生徒らは昨年より厳しい採用環境の中で選考に臨む。

 東京都港区の都立芝商業高では、3年生184人の半数が就職を希望。コロナ禍で求人数が見通せず、生徒の応募企業を決める時期は、例年より1か月ほど遅い8月下旬にずれ込んだ。一部の生徒は、解禁初日の午前中から面接を受けており、終了後は高校で教員に報告する。

 林修校長(60)は「ホテル関係や販売職などの求人が減った。来た求人の中から選ぶしかないのは気の毒だが、それでも生徒は頑張って就活をしている」と語る。

 厚生労働省によると、7月末時点の高校生への求人数は約33万6000人(前年同期比24%減)で、10年ぶりに減少。求職者数は約16万2000人で、求人倍率は2・1倍(同0・4ポイント減)だが、求人数が50%減となった宿泊・飲食サービス業など、業界によっては影響が深刻だ。

 高校生の場合、学校推薦の形で企業に応募するのが一般的だ。学業に影響しないよう、多くの地域では最初に受ける企業を1人1社に限定している。選考解禁が1か月遅れたことで、複数企業に応募できる時期も遅れ、11月以降となる。

 高校生の就職を支援するアッテミー(大阪)の吉田優子代表は「今年はコロナ禍で企業が急に求人を取り下げたり、生徒が職場見学に行けなかったりした。内定率の低下が懸念される」と指摘する。

無断転載・複製を禁じます
1552965 0 ニュース 2020/10/16 12:04:00 2020/10/16 12:04:00 2020/10/16 12:04:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ