大学中退率横ばい、コロナ影響みられず…授業料の猶予は増える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国公私立大学などの学生の今年4~8月の中退率が0・38%だったことが、文部科学省の調査でわかった。昨年の同時期と比べて0・1ポイント減とほぼ横ばいで、新型コロナウイルスによる悪影響はみられなかった。

 全国の国公私立大など1053校を調べた。今年4~8月の中退者数は1万1411人だった。中退の理由では「経済的困窮」が23・1%で最多だったが、昨年の同時期(22・1%)と比べても大きな変化はみられなかった。

 一方、今年度の前期授業料の納付を猶予された人は20万4685人で全学生に占める割合は6・76%だった。昨年度の13万9015人(4・52%)を大きく上回っており、コロナが影響したとみられる。

 萩生田文科相は16日の閣議後記者会見で「予断を許さない状況が続くと思われるので、引き続き注視したい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1556244 0 ニュース 2020/10/17 21:18:00 2020/10/17 22:34:40 2020/10/17 22:34:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ