読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

共通テスト、25年から「情報」新設…7教科21科目に再編へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学入試センター試験に代わって来年1月に始まる大学入学共通テストについて、大学入試センターが、2025年から新たな出題教科として「情報」を加えるなどの素案をまとめた。現行の6教科30科目から7教科21科目に再編する考えで、入試センターは大学や高校から意見を募り、年度内に取りまとめる方針だ。

 来年の共通テストで出題される教科・科目は従来のセンター試験と同じだが、入試センターは22年度から高校の新学習指導要領が順次実施されるのに合わせて、出題内容を刷新する。対象は22年度の高校1年からで、現在の中学2年が最初に受験する世代となる。

 新指導要領ではプログラミングなどを学ぶ「情報I」が必修科目となる。素案によると、共通テストの「情報」では、情報Iの内容を問う予定だ。コンピューターで出題・解答する方式(CBT)の導入が検討されているが、トラブル時の体制構築など技術的課題が残るとして、ペーパーテストで行うとした。

残り:375文字/全文:785文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1565293 0 ニュース 2020/10/21 14:06:00 2020/10/21 14:55:23 2020/10/21 14:55:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201021-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)