文科相「新入生は対面授業へ切実な思い」…大学4団体に積極的実施を要求

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、萩生田文部科学相は19日、国公私立大4団体の代表らと都内で意見交換を行った。

 萩生田文科相は、オンライン中心となっている現在の大学授業について、「数えるほどしかキャンパスに足を踏み入れていない新入生から、切実な思いが多く寄せられている」と述べ、感染対策を講じた上で対面授業を積極的に行うように求めた。

 これに対し、国立大学協会の永田恭介会長(筑波大学長)は「国立大の約半数は、授業の5割以上で対面を行っている」と説明。日本私立大学連盟の長谷山彰会長(慶応義塾長)は「遠隔と対面のハイブリッドな授業が主流になっている。コロナ後も変わらないだろう」と話した。

 萩生田文科相はコロナ禍における入試の安全な実施や就活支援も依頼した。

無断転載・複製を禁じます
1637869 0 ニュース 2020/11/19 11:58:00 2020/11/19 11:58:00 2020/11/19 11:58:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ