「選考委員を悩ませる力作ぞろい」9部門で最優秀賞…読売教育賞表彰式

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

読売教育賞の表彰式で高円宮妃久子さまと記念写真に納まる最優秀賞の受賞者ら(20日午後、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影
読売教育賞の表彰式で高円宮妃久子さまと記念写真に納まる最優秀賞の受賞者ら(20日午後、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影

 第69回読売教育賞の表彰式が20日、高円宮妃久子さまをお迎えして東京都内のホテルで行われた。最優秀賞の受賞者に、記念の盾と副賞30万円が贈られた。

 今回は13部門に153件の応募があり、9部門で最優秀賞が選ばれた。

 読売新聞グループ本社の老川祥一代表取締役会長・主筆代理は「選考委員を悩ませる力作ぞろいだった。受賞を機に、子どもたちを立派に育てていく教育活動にご尽力いただきたい」とたたえた。

 選考委員会座長の河野義章・東京学芸大名誉教授は審査講評で「全国から熱のこもった実践報告をいただいた。学校の外に出て連携することが、これからの教育実践のキーワードになると感じた」と語った。

 受賞者・受賞校を代表して、北海道・市立札幌平岸高校の対馬光揮教諭(27)は「受賞は大変な栄誉。今一度気を引き締め、周りの方々に感謝しながら学び続け、日本の教育に貢献できるよう、まい進していきたい」と答辞を述べた。

無断転載・複製を禁じます
1642505 0 ニュース 2020/11/20 20:56:00 2020/11/20 20:56:00 2020/11/20 20:56:00 各部門で最優秀賞を受賞し、高円宮妃久子さまと記念写真に納まる受賞者たち(20日、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201120-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ