共通テスト、英語でスピーキング「25年導入は無理」…入試センター理事長

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学入試センターの山本広基理事長は27日、2025年に刷新が予定されている大学入学共通テストについて、英語でスピーキング(話す)などを出題するのは無理との見方を示した。同日開かれた文部科学省の有識者会議で明らかにした。

 共通テストは大学入試センター試験の後継。来年1月に初めて実施され、英語では「聞く・読む」の技能を測る。22年度から高校の新学習指導要領が順次実施されるため、新指導要領で学ぶ現在の中学2年が受験するタイミングに合わせて刷新が予定されている。

 刷新に合わせて、共通テストの英語で「聞く・話す・読む・書く」の4技能を測る出題を求める意見もあるが、山本理事長は、面接官を確保する難しさや採点ミスへの懸念などに言及し、「課題の解決には相当の資金投入(が必要で)、時間がかかる。25年の導入は無理だろう」と述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「教育・受験・就活」の最新記事一覧
1659036 0 ニュース 2020/11/27 21:27:00 2020/11/27 21:53:21 2020/11/27 21:53:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)