読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】共通テスト「情報」で試作問題示す…プログラミングによる課題解決など

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2025年の大学入学共通テストから出題が検討されている「情報」について、大学入試センター(東京)が高校や大学関係者に向けて試作問題を示した。プログラミングによる課題解決や、情報セキュリティーへの理解度などを問う内容となっている。同センターでは高校などから意見を聞いて、年度内にも出題方針をまとめる。

 高校では、22年度から実施される新しい学習指導要領で「情報I」が必修科目となる。教科書は現在、文部科学省が検定作業をしており、試作問題も入試での利用などは前提としていない。また、25年の共通テストではコンピューターで出題・解答する方式(CBT)の導入が見送られる見通しで、試作問題も従来のマークシートでの解答形式となっている。

 出題内容は、アルファベットでできた暗号の解読をテーマに、プログラムを完成させる問題のほか、決済サービスでの利用者確認で使われる2段階認証についての理解度や、動画のデータ量に関する基本的知識などが問われた。プログラミングの問題では、各高校の授業で使うプログラミング言語が異なる可能性があるため、公平性を考えて架空の言語が使用された。

無断転載・複製を禁じます
1673253 0 ニュース 2020/12/04 05:00:00 2020/12/04 09:25:24 2020/12/04 09:25:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201204-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)