読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

経済的困窮・修学意欲低下…コロナで中退の大学生、1033人に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの影響で大学を中退した学生が、今年4~10月で1033人(中退率0・03%)に上ることが文部科学省の調査で分かった。

 調査は、全国の国公私立大など1051校(学生数約299万1000人)で実施。新型コロナによる主な中退理由は、「経済的困窮」「学生生活不適応・修学意欲低下」などだった。新型コロナを理由とした休学者も4205人いた。

 中退者全体は2万5008人(中退率0・84%)で、昨年同期より6833人減少した。ほぼ全ての大学が後期授業料の納付猶予を行っているほか、7割の大学では授業料の減免も実施しており、こうした支援策が中退の増加を抑えているとみられる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1712484 0 ニュース 2020/12/19 07:03:00 2020/12/19 07:58:12 2020/12/19 07:58:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)