読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

部活動は「接触プレー避けて」…クラスター続発で文科省通知

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文部科学省は5日、高校の部活動で、感染リスクの高い活動の一時的な制限を検討するよう求める通知を都道府県教育委員会などに出した。高校の部活動などでクラスター(感染集団)が発生しており、新型コロナウイルス感染予防への対策強化を呼び掛けた。

文部科学省
文部科学省

 通知では中学高校で、寮生活なども含めた部活動での対策徹底を要請。特に高校では、地域の感染状況などに応じ、「感染リスクの高い活動の一時的な制限も検討」するよう求めた。

 具体的には身体的な接触や近距離で組み合うような活動が想定される。代わりに距離を取ったパス練習や筋力トレーニングといった個人練習を推奨している。

 文科省によると、昨年6月1日~同12月31日の間に感染の確認された児童生徒は、高校2350人、中学校1513人、小学校2217人など。目立つのが高校の部活動などでのクラスターで、同じ学校で10人以上の感染者が出た事例は26件に上る。小学校は8件、中学校で7件だった。

 千葉県船橋市立船橋高校では昨年12月、男子バスケットボール部で部員39人中37人の感染がわかった。練習試合の相手だった茨城県の土浦日大高バスケットボール部でもクラスターが発生。松江市の立正大淞南高では寮生活を送るサッカー部員が集団感染した。

 東京都教委は通知前の4日夜、都立校に1月31日までの部活動の中止を指示した。都立高の副校長(50)は「最近やっと元の学校生活に戻りつつあり、部活動もこれからという時期だっただけに影響は大きい」と肩を落としていた。

無断転載・複製を禁じます
1749246 0 ニュース 2021/01/05 18:43:00 2021/01/06 17:54:44 2021/01/06 17:54:44 文部科学省、文化庁、スポーツ庁。東京都千代田区霞が関で。2020年11月8日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210105-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)