読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】首都圏以外の国立大、定員増へ…自治体や企業と連携条件

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文部科学省は、地元の振興に取り組む地方の国立大について、定員増を認める方針を固めた。原則、首都圏の1都3県以外に所在する国立大で、自治体や企業と連携することなどを条件とする。中央教育審議会で審議して正式決定し、対象校では2022年度から定員が増える見込みだ。

 13日の中教審大学分科会に条件案を示す。国立大は、授業料の「標準額」が年間53万5800円と私大より安価で、受験生の人気が高い。文科省は、国立大の定員が増えると私大の経営を圧迫するとして、1990年代以降、一部の特例を除き国立大の定員増を認めてこなかった。

 一方、地方の国立大を卒業しても地元での進路は限られており、卒業生が都市部に移るケースが多い。このため、政府は地方創生の観点から「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に地方国立大の定員を増やす方針を盛り込み、文科省で具体的な要件を検討していた。

 文科省は、定員増を認める条件として、▽自治体と連携して、地元に就職する意思を示す学生向けの奨学金を導入▽近隣の大学とオンラインで共同授業を実施▽地元企業に学生をインターンシップ(就業体験)として派遣――するなど、若者を定着させ、地域を活性化させる事業に取り組む大学などに限る方針を決めた。

 地方大の定義は、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を除く約70校とする方向で調整している。初年度は、数校程度の定員増が認められるとみられ、今夏頃から各大学の申請を受け付ける方針だ。

無断転載・複製を禁じます
1752503 0 ニュース 2021/01/07 05:00:00 2021/01/07 09:22:14 2021/01/07 09:22:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)