読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「サークル活動はオンライン以外禁止」「時差通学徹底」…対応に追われる教育機関

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府が緊急事態宣言を発令し、1都3県の大学や高校は対面授業や試験をオンラインに切り替えるなどの対応に追われた。

 早稲田大は8日以降、サークル活動などはオンラインを除いて禁止する。サークルなどが拠点を置く学生会館は閉館し、原則、立ち入りできなくする。授業はこれまで通り、対面とオンラインを併用するという。明治大は、8日以降に予定していた対面授業をオンラインに切り替えることを決めた。

 文部科学省は16、17日に行われる大学入学共通テストは予定通り実施する方針だ。各大学や中学、高校の入試についても、感染対策を徹底した上で実施するよう求めている。

 首都圏の公立高校は感染防止対策に動き出している。東京都は4日、各校に時差通学の徹底を呼びかけ、調理実習など飛沫ひまつ感染の可能性が高い授業を行わないことや、部活動の中止を求めた。オンライン学習の準備も求め、都立白鴎高校・付属中(台東区)では、8日から全学年でオンライン授業を始める。千葉県では6日、宣言期間中の高校の部活動は平日の放課後に90分以内とする制限をかけた。

 私立学校では、順天高校(東京都北区)が7日、3年生の受験対策講習の終了時間を当初より30分早い午後6時半に変更した。帰宅時間がラッシュに重ならないようにするためで「受験本番前の感染リスクを減らしたい」とする。秀光中(仙台市)は、11日に東京都内などで実施予定だった「トライアル入試」の1次試験(4教科)をオンライン方式に変更した。同校は「保護者の不安も大きい中、感染リスクを考えて判断した」と説明する。

 一方、1都3県の保育所と小学生を放課後に預かる学童保育について、厚生労働省は「原則開所」を求めている。同省は、昨年4~5月の宣言発令時は保護者らに登園・利用の自粛を求めたが、今回は学校も授業を続けることから、自粛は要請しないよう都道府県に通知した。

無断転載・複製を禁じます
1754799 0 ニュース 2021/01/07 21:29:00 2021/01/07 23:31:20 2021/01/07 23:31:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)