英語リスニングで23分間の停電、試験中断に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 初の共通テストではトラブルも相次いだ。

 神戸大(神戸市)では、「地理歴史・公民」の試験で、「2科目受験」で登録した受験生が開始前に「1科目受験」と申告したため、試験監督は試験会場から出て1科目受験の開始時刻まで待機するよう指示した。その後、受験票を確認して誤りに気付き、別室で81分繰り下げて2科目を受験させた。

 島根県立隠岐高校の会場では、英語のリスニング試験の途中で23分間の停電があり、試験が中断。受験生42人全員が中断した部分から再開テストを受けた。大阪や京都など各地の会場でも機器の不具合などで再開テストが行われた。

スクラップは会員限定です

使い方
「教育・受験・就活」の最新記事一覧
1775323 0 ニュース 2021/01/16 21:46:00 2021/01/17 00:06:08 2021/01/17 00:06:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)