読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

マスクから鼻出し受験、注意6回従わず全科目「無効」に…共通テスト終了

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学入学共通テストは17日、理科と数学の試験が行われ、2日間の日程を終えた。大学入試センターによると、マスクの正しい着用を巡って試験監督者の指示に従わなかったなど、2日間で計4件の不正行為が確認された。

 入試センターによると、受験者数は理科〈1〉が14万7265人(志願者の受験率27・6%)、理科〈2〉が21万5511人(同40・3%)、数学〈1〉が36万2265人(同67・8%)、数学〈2〉が32万4795人(同60・8%)だった。20日に平均点の中間集計、22日に得点調整の有無を発表する予定。国公立大への出願は25日からとなる。

 共通テストは30、31日に第2日程が設定されている。第1日程の追試験も両日、行われる。

 入試センターによると、東京都内の会場で受験生1人が16日の地理歴史・公民、国語、外国語の試験中、鼻を出し続けた状態でマスクを着用した。試験監督者が計6回、正しく着用するよう指示したが従わなかったため、不正行為として全科目を無効とした。このほか、▽国語で定規の使用(静岡県)▽数学で参考書をコピーしたカンニングペーパーの持ち込み(茨城県)▽数学で試験終了後のマークシートへの記入(鳥取県)――がそれぞれ確認された。

無断転載・複製を禁じます
1776599 0 ニュース 2021/01/17 20:48:00 2021/01/17 22:41:48 2021/01/17 22:41:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)