読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「自分守って」「相談も大切」SOSの出し方、保健師が授業で語りかける

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年1年間に自殺した小中高生は前年から140人増え、過去最多の479人に上った。事態を重く見た政府は、「子供・若者育成支援推進大綱」にSOSの出し方教育の推進などを盛り込み、新型コロナウイルスの感染拡大の長期化を踏まえ、自殺防止対策に力を入れていく方針だ。(渡辺光彦、新美舞)

■対処法

 「心と体はつながっている。運動したり、胸を張ったりするだけでも気持ちがさっぱりします」

不安や悩みは「信頼できる大人に話してみて」と呼びかける保健師の話に、耳を傾ける児童たち(22日、東京都足立区立花畑西小で)
不安や悩みは「信頼できる大人に話してみて」と呼びかける保健師の話に、耳を傾ける児童たち(22日、東京都足立区立花畑西小で)

 今月22日、東京都足立区立花畑西小の体育館。5年生57人を対象にしたSOSの出し方を教える特別授業で、保健師の関口久恵さんが児童たちに語りかけた。

 同区は2014年度から、教育委員会と連携してSOS教育に取り組む先進自治体だ。今年度はコロナ禍による長期休校の影響で回数は減ったものの、区立小69校中24校、区立中35校中8校で実施した。

 この日の授業では、つらいことがあった時の対処法などが伝えられた。約45分間の授業後、女子児童(11)は「自分を大切にすることは、意識したことがなかったので心に残った」と語り、男子児童(10)も「友達が悩んでいたら、声をかける大切さがわかった。悩んでいる時、深呼吸一つでも気持ちが変わると聞いた。やってみたい」と話していた。

■はき出す場

 SOS教育では、人に相談することの大切さも教えている。

 18歳までの子供を対象に電話やチャットでの相談業務を運営するNPO法人「チャイルドライン支援センター」によると、近年、深刻な相談が目立つという。

 チャット相談は19年の約3000件から20年は約4000件に増え、「消えてしまいたい」などの書き込みも20年は206件と倍増した。

 同法人の小林純子代表理事は「自殺者が過去最多というのは、心配していたことが現実になってしまった」と声を落とす。「教員も保護者もコロナ対応に追われ、子供たちは甘えや不安をはき出す場を求めているのではないか」と受け止める。

■「兆候」把握

 昨年の小中高生の自殺者479人の内訳は、小学生14人(前年比8人増)、中学生136人(同40人増)、高校生329人(同92人増)だった。

 文部科学省では、「GIGAスクール構想」で今年度中に、授業などで活用するために1人1台の端末などを小中学校へ配備する。新年度からはその端末を使い、自殺予防システム構築の検討に入る。端末に質問を表示し、答えた結果を学校に送信し、自殺の兆候を読み取るなどの仕組みが考えられるという。

 北海道教育大の井門正美教授(学校教育学)は「子供たちは学校の集団生活の中で、自分の感情や悩み、つらさを抑えてしまいがちで、適切な対処方法が分からないまま命を絶ってしまうケースがある。大人が子供のSOSに気づいてあげるポイントは、日頃の様子をよく観察し、コミュニケーションを大切にすることだ。会話が苦手な子供なら、交換日記のような手法も有効だ」と助言する。

無断転載・複製を禁じます
1872595 0 ニュース 2021/02/27 15:00:00 2021/02/27 19:40:57 2021/02/27 19:40:57 不安や悩みは「信頼できる大人に話してみて」と呼びかける保健師の話に耳を傾ける児童(22日、東京都足立区の区立花畑西小で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210227-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)