読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

デジタル教材63テーマ「ウェブ図書室」…Z会やシャープ、日航など協力

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経済産業省は1日、小中高の教員や児童・生徒向けのデジタル教材を集めたウェブサイトを開設した。温暖化や貧困といった国際的な課題や、企業活動などについて学ぶ中で、科学技術や数学などの知識を身につけてもらうのが狙いだ。基礎的な学習を支える教科書を補完する教材と位置づける。

 サイトの名称は「STEAM(スティーム)ライブラリー」。STEAMは、科学、技術、工学、芸術、数学の英語の頭文字から取った言葉で、課題を自ら発見し、解決策を考えることができる力の育成を目指す教育を指す。欧米や中国などが先行している。

 経産省は、東京理科大や通信教育大手の「Z会」、民間企業など24団体の協力を得て、63テーマのデジタル教材を集めた。

 例えば、家電大手のシャープは学習塾と連携し、液晶ディスプレー開発の歴史を物理や社会の変化の視点も交えて解説する動画を提供した。グリム童話を科学的な視点で読み解いたり、日本航空(JAL)の二酸化炭素(CO2)排出削減の取り組みを通して、温暖化について考えたりする教材もある。自宅でできる運動の動画を集めた「体育」の教材も用意した。

 教材は、サイトに登録すれば動画や文書をパソコンに無料でダウンロードできる。また、登録しなくてもウェブ上で視聴できる。教員が授業の中で議論の題材として使ったり、生徒らが興味のある教材を自宅で視聴したりすることを想定する。

 経産省の担当者は、「図書室で好きな本を選ぶ感覚で教材を利用してほしい」と説明する。教材を使った学校教育のモデルケースなども紹介するという。

 政府は、小中学生1人に1台ずつデジタル端末を配備する「GIGAスクール構想」を掲げている。デジタル化に対応した新たな学びの機会を提供することで、端末の効果を高めたい考えだ。

 専用サイトのURLは、https://www.steam-library.go.jp/

無断転載・複製を禁じます
1876143 0 ニュース 2021/03/01 12:34:00 2021/03/01 12:49:57 2021/03/01 12:49:57 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210301-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)