読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

電話ボックスではなく、オンライン就活用個室…「周りが気にならない」好評

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの影響で主流となったオンラインでの就職活動を支援しようと、東北学院大がキャンパス内に電話ボックス型の個室を整備した。東北の大学では初の取り組みで、「周りが気にならずに済む」などと就活生から好評だ。

東北学院大のキャンパスに設置された電話ボックス型の個室(15日、仙台市青葉区で)
東北学院大のキャンパスに設置された電話ボックス型の個室(15日、仙台市青葉区で)

 同大は、仙台市と宮城県多賀城市にある三つのキャンパスに計4基を3月中旬に設置。幅と奥行きは120センチ、高さ約220センチで、防音構造がとられ、室内には換気扇と照明、机、コンセントの差し込み口がそろう。Wi―Fi(ワイファイ)も利用できる。

 企業の採用試験のオンライン面接やグループディスカッションなどに臨む4年生に限り、15分単位で最長2時間の使用が可能。仙台市青葉区にあるキャンパスでは約50人の学生が利用しており、1日の予約が2週間先まで埋まる人気ぶりだ。

 個室を利用している4年生の男子学生(21)は「今までは自宅などで周りの音を気にしながら面接を受けていた。個室だと音漏れもなく集中して面接に挑める」と歓迎する。

 同大就職キャリア支援課の佐々木克典課長は「今後もオンラインによる就職活動が続くことが予想される。大学としてもできる限りの対応を考えていきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1992649 0 ニュース 2021/04/17 22:21:00 2021/04/17 22:21:00 2021/04/17 22:21:00 電話ボックス型の個別ルームを使用する学生(15日、仙台市青葉区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210416-OYT1I50102-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)