文科省、教職課程でICT教育科目の履修を義務付けへ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文部科学省は、大学や短大の教職課程で学生が小中高校の教員免許を取得する際、ICT(情報通信技術)を活用した教育に関する科目の履修を義務付けることを決めた。小中学校では「GIGAスクール構想」で児童生徒に1人1台の端末配布が進んでおり、教員のICTを活用した指導力の向上が急務となっている。

文部科学省
文部科学省

 学校現場でのICTの活用方法を、総論的に学んでもらう狙いがある。文科省によると、教職課程の中に新たな必修科目として「情報通信技術を活用した教育の理論と方法」を設け、1単位以上の取得を求める。

 具体的には▽端末を効果的に使った各教科の指導▽デジタル教材の作成▽遠隔教育の実施方法――などを身につける。また、児童生徒の情報活用能力や、情報を扱う際のモラルを育てるための指導法なども学ぶ。

 文科省はパブリックコメント(意見公募)を始めており、7月にも関係省令の改正を目指す。来年4月に入学する学生から、適用する方針だ。

スクラップは会員限定です

使い方
「教育・受験・就活」の最新記事一覧
2166543 0 ニュース 2021/06/30 10:32:00 2021/06/30 10:32:00 2021/06/30 10:32:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210630-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)