読売新聞オンライン

メニュー

高校在学中に単位先取りすれば、早期の大学卒業OK…来年度の適用目指す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文部科学省は21日、高校在学中に先取りして大学の単位を修得した場合、履修した授業時間の分だけ、大学を早期卒業できる制度を創設する方針を決めた。今年度中に関連する省令を改正し、来年度からの適用を目指す。

文部科学省
文部科学省

 21日の中央教育審議会大学分科会で、文科省が明らかにした。現在、高校生は「科目等履修生」として、夏休みなどに大学の授業を受け、単位を先取りすることが認められている。2018年度の高校の科目等履修生は、全国で約1500人。先取りした単位は、大学卒業に必要な124単位に含まれるが、入学後4年間は大学に在籍する必要があった。

 新制度では、例えば高校生が大学の15単位を半年で修得した場合、入学後に残り109単位を3年半で取れば、半年早く卒業することができる。海外の高等教育機関への進学や、長期の就業体験などがしやすい、といったメリットが考えられるという。高校在学中に授業を受けた大学に限定して適用する。

無断転載・複製を禁じます
2226425 0 ニュース 2021/07/22 09:40:00 2021/07/22 09:40:00 2021/07/22 09:40:00 文部科学省 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)